間取りの3LDK+S の Sって❓

2018年11月08日

こんにちは!

 

今日、間取り図をみていたら、3LDK+Sの物件がありました。

皆様はこのSの意味はご存知でしょうか?

 

Sとはサービスルームの事!

間取りにSが付くと「サービスルーム・納戸付き」という意味になります。

 

一定の採光・換気などの基準を満たしておらず、建築基準法では居間として認められない部屋のことを「サービスルーム・納屋」として案内しているのです。

「○SLDK」または「○LDK+S」といったように表示されます。

 

サービスルームにもいろいろな大きさがあります。

ウォークインクローゼット程度のものから普通の居間の大きさを持つ物件もあります。

どのようにそのお部屋を使うかはもちろん住む人の自由です♪

季節家電やキャンプ用品などの趣味の道具などをしまう収納スペースにしてもいいですし、

書斎や子供部屋として使うのもいいですね!

使い方を考えるとワクワクしますね♪♪

 

ただ居住スペースとして利用する場合は、室内の設備と周囲の環境を事前にしっかり確認してくださいね。例えば・・

・コンセントはあるか(数や位置)
・空調設備を付けることは可能か
・窓の向こう側はどうなっているのか

などなどです。

 

間取り図を見るときは、

朝起きるところから夜寝る時までの、ご自分やご家族の普段の毎日の生活動線を想像しながら見て、ライフスタイルにあう最適な物件を選ぶことが、入居してからの暮らしをより快適にする秘訣です!

 

皆様にぴったりの物件探しのお手伝いをさせていただければと思います!